きになるひと あいさつ りあるせっくす

あたらしいであいがてにはいるばをりようするひとにといかけてみるときになるひと、ほぼぜんいんが、さびしいというだけで、いっしゅんのかんけいがきずければべつにかまわないというみかたでであいけいさいとをせんたくしています。
つまるところ、きゃばくらにいくりょうきんをけちりたくて、あいさつふうぞくにかけるおかねもはらいたくないから、おかねがひつようないであいけいさいとで、あいさつ「のってきた」じょせいでやすあがりですませよう、りあるせっくすとおもいついたちゅうねんおとこせいがであいけいさいとをしようしているのです。
たほう、じょせいさいどはぜんぜんちがうかんがえかたをゆうしています。
「どんなだんせいでもいいから、りょうりができておかねがあるひとをかれしにしたい。であいけいをやっているだんせいはかくじつにもてないひとだから、りあるせっくすびじんじゃないじょせいでもてだまにとることができるようになるかもしれない!かのうせいはひくいけど、かっこいいひとがいるかも、おっさんはむりだけどきになるひと、かおしだいではあいたいな。おおよそ、じょせいはこのようにかんがえています。

初心者でも安心!きになるひと あいさつ りあるせっくすが人気者!

かんたんにいえば、じょせいはだんせいのようしのうつくしさかけいざいりょくがめあてですし、だんせいは「おてごろなじょせい」をてにいれるためにであいけいさいとをやくだてているのです。
いずれも、やすくおかいものがしたくてであいをかつぼうしているようなものです。
さいしゅうてきに、であいけいさいとをつかいまくるほどに、おとこたちはおんなを「しなもの」としてみるようになり、おんなたちもじぶんじしんを「しなもの」としてあつかうようにかんがえがかわってしまうのです。

趣味が見つからないきになるひと あいさつ りあるせっくすへの不安

であいけいさいとをもちいるひとのけんかいというのは、きになるひとかくじつにおんなをにんげんから「ぶっしつ」にしていくかんじのあやうい「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like