むりょうやれるあぷり おばあさんのせっくす

であいけいさいとのしすてむはあることがもんだいだとりそうてきだとおもっているひとのかずがほとんどなはずなのですがであいけいのさいとはいんたーねっとのせかいからまっしょうされるどころかそのかずはおおくなっているけいこうにあります。
このため、まだねっとのなかみのほんとうのきょうふをあじわったことがないこどもたちは、かんたんにであいけいさいとのせかいにあくせすし、まよいこんでそのままひがいしゃになってしまうこともあるのです。
ねんれいせいげんのきせいや、けいじばんのりようきやくによるせいげんなどにむりょうやれるあぷり、あらゆるせいやくがあったとしても、まだまだいんたーねっとのかんきょうは、「おさないふほうしんにゅうしゃ」をゆるしてしまうすぺーすのままです。
であいけいさいとというせかいをいんたーねっとからのぞくためにはまずこのわかいりようしゃたちをはっせいさせないことをかんがえなければなりません。

最初のむりょうやれるあぷり おばあさんのせっくすは美人すぎる

それをじつげんするためにはむりょうやれるあぷり、まずはであいけいさいとそれじたいのりようできないようにきょうかすること、そういうしつけをしていくことがであいけいのぼくめつにつながります。
だいたいにして、おばあさんのせっくすいんたーねっとのきほんてきなきょうふについてをおやせだいがおさないこどもにおしえていくことがふつうのことにならないかぎり、みじゅくなせだいはであいけいさいとぎょうしゃにだまされじんせいをあやまることになります。
そのごもつづけば、だまされていることにきづかないこどもたちがふえてしまえば、おばあさんのせっくすなおであいけいぎょうしゃもそのあくしつなてぐちにつけこんでいくのです。

お年寄りに聞きたいむりょうやれるあぷり おばあさんのせっくすを有意義に

だまされるじゃくねんそうをけさないかぎり、であいけいさいとをぼくめつさせることはありません。

関連記事

You Might Also Like