ひとづまえろであい であいのひろば

ひっしゃ「さいしょにですね、がであいけいさいとりようをじょせいとあうようになったいきさつをじゅんばんにいってください」
いんたびゅーにきょうりょくしてくれるのはであいのひろば、こうこうをそつぎょうせずにごねんかんじたくけいびいんをつづけてきたというA、ひとづまえろであい「せどり」でたべていこうとふんとうしているB、しょうきぼのげいのうじむしょでしどうをうけながら、あくしょんはいゆうをしぼうしているC、であいけいさいとをやりつくしたととくいげな、てぃっしゅくばりをしているD、さいごにであいのひろば、しんじゅくにちょうめでみずしょうばいをしているE。
そろってはたちいじょうにさいいかのめんばーをあつめました。
A(じたくけいびいん)「おれはふだんずっといえにいるんですがひとづまえろであい、ねっとをしていたらすごくるっくすのいいこがいて、むこうからあぷろーちきて、しばらくしてあるさいとにゆーざーとうろくしたら、ちょくせつれんらくとるほうほうおしえるってことだったので、とうろくしましたね。それからはれんらくがこなくなったんですよ。それでも、ほかにもじょせいはたくさんいたのでいたので。」

とても分かりやすいひとづまえろであい であいのひろばのディープな関係

B(てんばいにちょうせんちゅう)「つかいはじめはやっぱ、じぶんもめーるあどれすがほしくて。もでるかとおもうくらいきれいで、たいぷだったんです。ちょくではなしたいからさいとにとうろくして。そのさいとのばあい、さくらのおおさでゆうめいだったんだけど、あえたこともあったので、とくにへんかもなくりようしています。
C(はいゆうしぼう)「じぶんなんかは、えんぎのはばをひろげたくてあかしゅとくしました。であいけいさいとでふかみにはまっていくやくをもらったんですが、わたしもじっさいにつかってみました。
てぃっしゅくばりのD「ぼくはですね、さきにりようしていたゆうじんにえいきょうされながらとうろくしました」
そうして、さいごをかざるEさん。

ひとづまえろであい であいのひろばは学校のお友達

このひとについては、ほかのかたとだいぶちがっているので、しょうじきなところひとりだけういてましたね。

関連記事

You Might Also Like