えんこうさいと むりょう こうれいじゅくじょこくはく

あたらしいであいがてにはいるばをりようするひとびとにはなしをきいてみると、おおよそのひとは、うらさびしいというりゆうで、いっしゅんでもかんけいをもつことができればそれでかまわないというきもちでであいけいさいとをもちいています。
いいかえると、きゃばくらにいくおかねをつかうのがいやで、ふうぞくにかけるりょうきんもかけたくないから、ただでつかえるであいけいさいとで、「てにいれた」おんなのこであんかにまにあわせよう、とおもうちゅうねんおとこせいがであいけいさいとにとうろくしているのです。
かたや、えんこうさいと「じょし」じんえいではぜんぜんちがうかんがえかたをひたかくしにしています。
「あいてとすごくねんれいがはなれていてもいいから、おかねもちでりょうりができるひとをかれしにしたい。であいけいさいとのほとんどのだんせいはほとんどがもてないひとだからむりょう、じょしりょくのないじぶんでもいのままにできるようになるとおもう…かのうせいはひくいけど、こうれいじゅくじょこくはくかっこいいひとがいるかも、ちゅうねんおやじはむりだけど、たいぷなひとならあってもいいかな。おおよそ、むりょうじょせいはこのようにかんがえています。

えんこうさいと むりょう こうれいじゅくじょこくはくについて

りかいしやすいいいかただとむりょう、じょせいはだんせいのみてくれかけいざいりょくがめあてですし、こうれいじゅくじょこくはくだんせいは「ていこすとなじょせい」をげっとするためにであいけいさいとをもちいているのです。
どちらにしろ、やすくおかいものがしたくてであいをのぞんでいるようなものです。
そんなふうに、であいけいさいとにつかいこなしていくほどに、おとこどもはおんなを「もの」としてかちづけるようになり、じょせいもじしんのことをえんこうさいと、「うりもの」としてみなしていくようになり、てんじていってしまうのです。
であいけいさいとをしようするひとのかんがえというのは、えんこうさいとじょせいをじんわりとにんげんから「ぶっしつ」にしていくぶるいのきけんな「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like