ASHLEYRNADISON ひょうか ふくしましのけいじばん

であいけいさいとをはじめとするであいのためのこんてんつをりようするひとびとにはなしをきいてみると、おおかたぜんいんが、ただひとこいしいというりゆうで、ふくしましのけいじばんみじかいあいだでもかんけいがきずければ、それでかまわないというかんがえかたでであいけいさいとをちょいすしています。
かんたんにいうと、きゃばくらにいくおかねをだしたくないし、ひょうかふうぞくにかけるおかねもけちりたいから、おかねがひつようないであいけいさいとで、「つかまえた」じょせいでりーずなぶるにすませよう、とかんがえつくちゅうねんおとこせいがであいけいさいとというみちをせんたくしているのです。
そんなだんせいがいるなか、ふくしましのけいじばん「じょし」がわではぜんぜんちがうすたんすをひそめています。
「あいてとすごくねんれいがはなれていてもいいからASHLEYRNADISON、おかねもちでりょうりができるひとをかれしにしたい。であいけいさいとをやっているだんせいはもてそうにないようなひとだから、じょしちからぶそくのじぶんでもおもちゃにできるようになるにきまってる!おもいがけず、いけめんのひとにであえるかも、ちゅうねんぶとりとかはむりだけどひょうか、いけめんだったらあいたいな。じょせいのはんすういじょうがこのようにかんがえています。

とても重要なASHLEYRNADISON ひょうか ふくしましのけいじばん中毒

ひらたくいえば、じょせいはだんせいのがいけんかおかねがもくてきですし、だんせいは「おてごろなじょせい」をげっとするためにであいけいさいとをうんようしているのです。
りょうほうとも、なるべくあんかにおかいものがしたくてであおうとしているようなものです。
そしてついには、であいけいさいとをうんようしていくほどに、おとこはじょせいを「しょうひん」としてかちづけるようになり、じょせいもじしんのことを、ASHLEYRNADISON「しなもの」としてみなしていくようにへんかしてしまうのです。
であいけいさいとにはまったひとのすたんすというのはふくしましのけいじばん、じょせいをじんわりとひとではなく「ぶっしつ」にしていくるいのきょうきてきな「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like