せふれ ぼしゅう いわて ぎゃくえんさいとけいじばん

であいけいさいとにかんして、りようしゃはいつもどのようなことをもとめているのか。
そんなぎもんをこたえるべくぼしゅう、こうしてねっとじょうでいんたびゅーするひとをあつめ、とあるかふぇでしゅざいをおこないました。
いちどうにかいしたのは、いわてこんすたんとにであいけいさいとへしりあいとからんでいるだんじょごにん。
だんせいじんは、つとめにんA、ぼしゅうこどもがいてりこんれきのあるB、さいきんほすとをはじめたC、じょせいのさんかしゃは、けいびいんのしごとをしているD、ぎゃくえんさいとけいじばんぐらどるとしてはたらきはじめたEをくわえて2にんです。

さっさとせふれ ぼしゅう いわて ぎゃくえんさいとけいじばん絶対攻略マニュアル

さきにひっしゃはごにんのさんかしゃに、かんたんなあんけーとにこたえてもらい、せふれそのけっかからぎゃくえんさいとけいじばん、ほりさげていくかたちでいんたびゅーをすすめました。
ひっしゃ「これから、しつもんようしに、せふれこれまでであいけいさいとをつうじてあっただんせいがなんじゅうにんもいるEさんにしつもんなんですが、どんなしゅだんでおおぜいのいせいとこうりゅうをはじめたんですか?
E(ぐらどるになってひがあさい)「わたしのすたいるなんですがいわて、ひによってだんせいをちぇんじするんです」
ひっしゃ「かえるってことはつぎのひはあいてもあうものなんでしょうか?」

趣味が広がるせふれ ぼしゅう いわて ぎゃくえんさいとけいじばんの教え方

E「やるきなくすんです。あと、このひといがいでももっといけめんいるとおもうとめーるはちゃくきょして。しぶとくれんらくきても、であいけいさいとにはあいてはいくらでもいるっておもったらおなじあいてはいいかなって」
じゆうにふるまうEさんのことばをうけて、ぼしゅう「あぶないめにあったりはしないのか」としょうげきをうけるCさん、ぎゃくえんさいとけいじばんDさん。
そうして、Aさんがせんせーしょなるなはなしをひっしゃにさらけだしてくれました。

関連記事

You Might Also Like