かがわけんてれくら であいけいじばんぽいんとなし

こんしゅうしゅざいしたのは、じつは、であいけいじばんぽいんとなしいぜんよりさくらのけいやくしゃいんをしているごにんのがくせい!
けっせきしたのは、きゃばくらではたらいていたAさん、びんぼうだいがくせいのBさん、うれっこあーてぃすとのCさん、たれんとぷろだくしょんにしょぞくしていたDさんかがわけんてれくら、げいにんになることをゆめみるEさんのごにんです。
ひっしゃ「でははじめに、とりかかるきっかけからうかがっていきましょう。Aさんからじゅんにおはなしください」
A(めんずきゃばくらきんむ)「ぼくは、じょせいのきもちがりかいできるとおもいはじめることにしました」

騒々しいかがわけんてれくら であいけいじばんぽいんとなしは到達できる

B(だいがく2かいせい)「わしは、かせげなくてもいいとおもってちゅうちょしましたね」
C(しんがーそんぐらいたー)「しょうせいは、えんかかしゅをやってるんですけどであいけいじばんぽいんとなし、まだひよっこなんでまんぞくできるほどかせげないんですよ。じつりょくをつけるためにはひかりのあたらないところからこつこつしたづみするのはふほんいですが、こういうばいとでもやりながら、とうめんのあいだあんだーぐらうんどなけいけんをしようとおもって」
D(ぼうげいのうじむしょしょぞく)「おいらは、○○ってたれんとじむしょでだんさーをようせいすべくはげんでいるんですがであいけいじばんぽいんとなし、いちどのこんさーとで500えんだけしかはいらないんで…せんぱいがおしえてくださったさくらのばいとをやむをえずやってるんです」

お調子者がかがわけんてれくら であいけいじばんぽいんとなしが流行る

E(ぴんげいじん)「じっさいはかがわけんてれくら、わたしもDさんとにたようなかんじで、1かいのこんとでたったすうひゃくえんのかなしいせいかつしてるんです。せんぱいにしょうかいしていただき、げりらまーけてぃんぐのばいとをしなければとかんがえました」
こともあろうに、ぜんめんばーちゅうはんすういじょうがげいのうぷろだくしょんにみしょぞくというぱわふるなめんばーでした…、ところがはなしをきいてみたところ、ごにんにはすてまとくゆうのよろこびがあるようでした…。

関連記事

You Might Also Like