であいけい かんぜんむりょう くちこみ こしがやかすかべじゅくじょやれるひとづまやりまん

だめだとかんじるきもちがあればそんなおとこをしんようしていくはずがないのにとおもってもみないところなのですがいいいいかたをすればしょうじきでうたがいぶかいじょせいとはぎゃくにおかしいひとだとおもっていてもそのあいてのいいなりになってしまいます。
いままでにふくすうのじょせいがぼうりょくじけんのみちづれになりしぼうしたりしているのにそれでもなおそのようなにゆーすからがくしゅうしないじょせいたちはふおんなよかんをうけながしてあいてにいわれるがままおもうつぼになってしまうのです。
ここまでのかのじょのえいきょうがあった「ひがい」はこしがやかすかべじゅくじょやれるひとづまやりまん、おおきなはんざいひがいですしかんぜんむりょう、じょうしきてきにほうてきにせいさいすることがきる「じけん」です。
ざんねんことにであいけいさいとにいくおんなのひとは、くちこみとにかくききかんがないようで、かんぜんむりょうみうしなってなければすぐにてきしたきかんのうったえるようなことも、ありのままにうけながしてしまうのです。

一度きりのであいけい かんぜんむりょう くちこみ こしがやかすかべじゅくじょやれるひとづまやりまんはおとなしい

けっかてきに、であいけいかがいこういをいったものはこんなわるいことをしてもあばかれないんだようにんしてもらえるならどんどんやろう」と、であいけいおうへいになってであいけいさいとをりようしつづけくちこみ、ひがいしゃをおおくさせつづけるのです。
「だまってゆるす」とはっすればであいけい、こころがひろいひびきがあるかもしれませんが、かんぜんむりょうそのこうどうこそがこしがやかすかべじゅくじょやれるひとづまやりまん、はんざいしゃをふくれあがらせているということをまずちょくししなければなりません。
だめーじをうけたときにはさっさと、けいさつでもひようはいっさいなしでそうだんできるまどぐちでもなにはともあれとにかくそうだんしてみるべきなのです。

関連記事

You Might Also Like