であいけいさいとさがけん せっくすのたいい

であいけいさいとばかりみているというひとのとくちょうは、さびしいせいかつをおくっているひとで、もはやだれにたいしても、にんげんかんけいをえることにかんしてかちなどそんざいしないとおもってしまうようなさめたしてんでものをみています。
よくであいけいさいとをつかっているひとにかんしては、れんあいかんけいというよりもまず、であいけいさいとさがけんおやのあいじょうがかけたままそだっていたり、いっぱんてきなゆうじんかんけいもまずいじできないというじんぶつぞうなのです。
そういうかんじのひとは、そばからみれば、ただのへいぼんなひとでありせっくすのたいい、べつだんなやみやふあんなどもないようにおもわれがちなのですが、ほんとうのところはちがうようです。
にんげんかんけいそれそのものをおそれるかんじょうがつよく、かぞくであってもであいけいさいとさがけん、ともだちとのかんけいでも、しょくばでのかんけいも、こいびととしてだれかとかんけいをもつことも、ながくつづけるといういしもなく、そういうかこのおもいからいせいへきょうみがむくことをおさえている、そんなきもちをかかえているひとがかなりのかずいることでしょう。

心豊かに生きるためにであいけいさいとさがけん せっくすのたいいが出会いの場です!

かれらのようなじんかくのひとのしてんからみると、であいけいはきらくにいられるものなのです。
であいけいをかいしたやりとりは、ながつづきしないのがありがちだからです。
ほとんどのばあいせっくすのたいい、いちどだけのかんけいしかもつことができないので、あとくされもなく、やりたいことはひとつですからあとはかんけいがおわっていくばかりです。
であいけいさいとをりようするということについねっちゅうするというひとはであいけいさいとさがけん、まともなにんげんかんけいというものをすっかりあきらめてしまっており、もしだれかをしんようできるようになれば、であいけいのくうかんからはとおざかっていくことがおおいようです。

関連記事

You Might Also Like