ほもふけせん であい しゅふ けいじばん

おかしいとおもうかんがえがあればそんなおとこをしんようしていくはずがないのにとしんじられないところなのですがいいいいかたをすればしょうじきでせんにゅうかんのないこのひとたちのようなじょしはきけんなおとこだとはんだんしてもそのあいてといっしょにいます。
かこになんにんものおんなのひとがぼうりょくじけんにひきずりこまれたりざんさつされたりしているのにしかしこのようなにゅーすからがくしゅうしないじょせいたちはどうようするじぶんをむししてあいてにちゅうじつにいわれたとおりになってしまうのです。
いままでにかのじょのされた「ひがい」はだれがみてもはんざいひがいですしであい、なにのりゆうもなくほうてきにばつをあたえることができる「じけん」です。
ですがであいけいさいとにさんかするおんなのひとは、おかしなことにききかんがないようでけいじばん、しっかりしていればすぐにてきせつなきかんにうったえるようなこともけいじばん、ありのままにうけながしてしまうのです。

オススメ!ほもふけせん であい しゅふ けいじばんでは小学生

さいごには、かがいしゃはこんなわるいことでもみつからないんだうけいれてもらえるならどんどんやろう」とであい、よかれとおもってであいけいさいとをやくだてつづけ、しゅふぎせいしゃをぞうふくさせつづけるのです。
「だまってゆるす」とおもうことはけいじばん、こころがひろいひびきがあるかもしれませんがほもふけせん、そのところいきこそがほもふけせん、はんざいしゃをふくれあがらせているということをりかいするひつようがあります。
ひがいをうけたそのときはただちにしゅふ、けいさつでもひようはかからず、はなしをきいてくれるまどぐちでもどのみちをえらんでもいいのでいちばんにそうだんしてみるべきなのです。

関連記事

You Might Also Like