であいかふぇおおさか はな じゅくじょをよろこばせるほうほう

であいけいさいとというそんざいはあることがもんだいだとりそうてきだとおもっているひとのかずがひときわめだったはずなのですがであいけいのさいとはいんたーねっとのせかいからきえさるどころかそのかずはふくれあがるけいこうにあります。
このため、まだねっとのかんきょうのほんとうのきょうふをしらないこどもたちは、であいかふぇおおさかへいきでであいけいさいとのいりぐちへはいりこみ、まよいこんでそのままふくすうのひがいをこうむることになってしまうのです。
ねんれいせいげんのきせいや、じゅくじょをよろこばせるほうほうけいじばんりようきせいのかくにんなど、これらのせいやくがあったとしてもはな、まだまだいんたーねっとのかんきょうはじゅくじょをよろこばせるほうほう、「こどものふほうしんにゅうしゃ」をゆるしてしまうすきまがあるままです。
であいけいさいとというせかいをいんたーねっとからはいじょするためにはまずこのおさないしんにゅうしゃたちをはっせいさせないことをかんがえるのがたいせつです。

話題に上がったであいかふぇおおさか はな じゅくじょをよろこばせるほうほうの体験談

それをじっこうするためにはであいかふぇおおさか、まずはであいけいのりようできないようにととのえること、そういうしつけをてっていしていくことがであいけいさいとのたいじにつながります。
こんていから、ねっとのせかいのこわさについてをりょうしんがこどもにおしえていくことがしつけにならないかぎりであいかふぇおおさか、こどもたちはであいけいぎょうしゃにだまされることになります。
またはな、だまされていることをしらないみせいねんがふえてしまえば、いっそうであいけいぎょうしゃもそのあくしつなてぐちにつけこんでいくのです。
だまされるわかいせだいをけさないかぎり、であいけいさいとをぼくめつさせることはありません。

関連記事

You Might Also Like