であいけいさいと みえ こうがくれきじょそこ

このぜんこちらにけいさいしたきじで、「であいけいさいとでけっこうもりあがったので、あうとそのあいてがはんざいしゃだった」というけいけんをしたじょせいがいましたがであいけいさいと、おどろくことにこのじょせいは、そのだんせいとのこうさいをすたーとさせることになったのです。
そのじょせいとしてはこうがくれきじょそこ、「ふくそうがすでにやばそうで、ことわるとどうなるかわからずほかになにもできなかった」とはなしていましたが、はなしをききすすんでいくと、こうがくれきじょそこそのじょせいもすこしはみりょくをかんじていてことわらなくてもよいとおもったようです。
そのだんせいのはんざいというのも、おおぶりともいえるながさのはものでじぶんのおやをきずつけたというできごとだったそうで、きけんにおもうのもおかしなことではないとおもうきもちがつよくなるかもしれませんが、おしゃべりをしたかんじはそうではなく、こどもにはしんせつにするところもあり、みえほんとうはふつうのひとだとおもってみえ、つきあいがはじまることになっていったのです。

であいけいさいと みえ こうがくれきじょそこをチェックしましょう!

そのままうまくかんけいがつづいたかというと、たまにだんせいがあやしいこうどうをはじめたりするので、であいけいさいとわかれるすぶりなどみせないままいえをでて、もうあわないようにしたのだということでした。
なにかへんなこうどうをしたわけでもないのにこわくなるようになって、どうせいせいかつをおくっていましたがであいけいさいと、すこしでもはやくはなれようととっぱつてきにでていくことにしたそうですが、こうがくれきじょそこほんとうはふんいきがいやだったというだけのはなしではすまず、おちついてはなしあうこともできず、てをだすほうがはやかったりみえ、ぼうこうをためらわないようなそぶりをわざとみせてくるので、おかねがひつようになるとわたしてしまい、ほかにもいろいろなたのみごとをきいて、へいおんにくらそうとしていたのです。

関連記事

You Might Also Like