むりょうらいぶせっくす であい じょしだいせい

であいけいさいとのようなものはあることじたいがもんだいだとおもうひとのほうがだんぜんおおいはずなのですがであいのばとしてのこみゅにてぃーはいんたーねっとのせかいからきえるどころかぞうしょくしているけいこうにあります。
こうしたことから、まだねっとのかんきょうのこわさをしらないこどもたちはであい、かんたんにであいけいさいとにあくせすしまよいこんでそのままいのちにもかかわるひがいしゃになるかのうせいもあるのです。
ねんれいせいげんのかくにんや、けいじばんりようせいげんなど、いろいろなせいやくがあったとしても、まだまだねっとのぎょうかいは、むりょうらいぶせっくす「こどものしんにゅうしゃ」をゆるしてしまうせかいのままです。
であいけいというかんきょうをねっとからじょがいするためにはまずこのわかいりようしゃたちをはっせいさせないことをかんがえるひつようがあります。

関係がないむりょうらいぶせっくす であい じょしだいせいが横行した

じっこうするにはまずはであいけいさいとそのものをりようできないようにくふうすることじょしだいせい、そういうかんがえをしめすことがであいけいのげきめつにつながります。
もとより、であいいんたーねっとのせかいのこわさについてをりょうしんがこどもにおしえていくことがとうぜんのことにならないかぎり、むりょうらいぶせっくすこどもたちはであいけいさいとのぎょうしゃにだまされてしまいます。
そうして、だまされているとしらないこどもがふえてしまえば、じょしだいせいなおもってであいけいぎょうしゃもそのあくしつなてぐちをりようするのです。
だまされてしまうひとをけさないかぎり、であいであいけいがなくなることはありません。

関連記事

You Might Also Like