かてい つうしんひ せつやく せっくすぷれい

であいけいさいとをえきするねんれいそうはそのひとらしくないですがはばがひろく、ごこうれいといわれるねんれいでもであいけいさいとをやくだているひともいれば、ねんれいがまんぞくできないちゅうがくせいであるにもかかわらず、じぶんでないのめんきょしょうをかってにりようしてであいけいさいとたちいるようなひとたちもいます。
かねて、ねんれいをさだめるのはとてもむずかしいじじつですが、たしかにせつやく、ぐたいてきなすうじをかんがえると、10だいぜんはんのこどもから60だいこうはんのこうれいしゃまでのふーるどのひとびとが、いんたーねっとじょうのであいをおこなっているしているのではないかとすいそくしています。
いうまでもなく、であいけいさいとはねんれいせいげんのかべがあるいじょう、じょうげんのねんれいはもんだいありませんが、せいげんしているさいていねんれいは18さいからというはんぜんたるきまりごとやるーるがあります。
それでもつうしんひ、わくわくがとまらないこうきなせだいであるじゅうだいは、やっぱりたやすく、つうしんひおとなのふんいきがただようさいとに、あしをむけてしまうげんじつもんだいがあるのです。

かてい つうしんひ せつやく せっくすぷれいで大胆不敵に出会いを見つける

いちばんおおくりようするねんだいはだいぜんはんのねんれいにおおいとおもわれていましたが、せっくすぷれいじゅうだいかてい、じゅうだいのねんれいそうもたくさんいますし、70だいをこえ、かていひとりにたえきれなくなっただんせいがりようしているあんけんもまえまえからあたりまえになりました。
「そうごうかんけいをかんがえて、かていねんれいそうがであいけいさいとをおこなっているの?」とびっくりするかもしれませんが、せっくすぷれいいぜんのりゅうこうのようにじゅくねんりこんがめずらしくなく、せつやくあたりまえになりつつあるいまでは、せっくすぷれいこどくのこころをおさえることができずつうしんひ、であいけいさいとをうんようするようになるこどくかんをいやせないねんれいそうがどうしてもふえてしまっているのです。

関連記事

You Might Also Like