ひとづま あえる とうろくなしのむりょうであいけいさいと

ついせんじつのきじにおいて、「であいけいさいとでせっきょくてきだったから、やったとおもっていたらはんざいしゃだった」というけいけんをしたじょせいがいましたが、けっきょくそのじょせいがどうしたかというと、そのだんせいとのこうさいをすたーとさせることになったのです。
どうしてかというと、「ふんいきがやくざっぽくて、きょうふをかんじてしまいそのままいっしょにこうどうしていた」ということですが、もっとくわしいはなしをきくうちに、じょせいのきょうみをひきつけるところもあってわかれようとしなかったようなのです。
ぜんかにもいろいろなものがありますが、こがたのないふではなくおおきめのないふでじぶんのおやをさしたというものだったのですから、きけんだとかんがえるのがとうぜんかもしれないとおおくのひとはかんがえるでしょうが、じっさいはおだやかにかんじたようでとうろくなしのむりょうであいけいさいと、けっこうしんせつにしてくれるところもおおく、ひとづまほんとうはふつうのひとだとおもって、あえるほんかくてきなこうさいになっていったということです。

ぼっち回避!ひとづま あえる とうろくなしのむりょうであいけいさいと理想のタイプ

そのごもうまくいけばいいのですが、ひとづまきがつくとふしんなこうどうをしているときがあったので、じぶんからかってにいえをでていき、にどとあわなくてすむようにしたとはなしていました。
おなじへやですごすということがすでにきょうふをかんじるようなじょうきょうで、きょうどうでせいかつしていたものの、ほんとうににげるようなじょうたいできのみきのままででてきたとのことでしたが、きょうふをかんじるようなふんいきがあっただけではすまなかったようであえる、ちょっとしたいいあいにでもなると、かまわずてをだすなど、とうろくなしのむりょうであいけいさいとすさまじいぼうりょくをふるうかんじのそぶりをすることがふえたから、おこづかいなどもわたすようになり、たのまれたことはなにもことわれず、そのままのじょうきょうでせいかつしていたのです。

関連記事

You Might Also Like