らいん かれしぼしゅう けいじばん ふくおか わりきり

きがるにであいえるさいとをりようするひとびとにおはなしをうかがうと、おおかたぜんいんがふくおか、ひとはだこいしくて、つかのまのかんけいをもつことができればかまわないというとらえかたでであいけいさいとにとうろくしています。
かなめは、きゃばくらにいくおかねをせつやくしたくて、ふうぞくにかけるりょうきんもせつやくしたいから、りょうきんのいらないであいけいさいとで、「ひっかかった」じょせいでりーずなぶるにすませようわりきり、とするちゅうねんおとこせいがであいけいさいとというせんたくしををちょいすしているのです。
たほう、おんなたちはすこしべつのかんがえかたをおしかくしています。
「かれしがとしうえすぎてもいいからわりきり、おかねもちでかじをしてくれるかれしがほしい。であいけいさいとをやっているだんせいはだいたいがもてないようなひとだからかれしぼしゅう、ちゅうのげていどのじょせいでもてだまにとることができるようになるわよ!ひょっとしたら、いけめんのひとがいるかもらいん、きもめんはむりだけど、かれしぼしゅうかおしだいではあってもいいかな。じょせいのはんすういじょうがこのようにかんがえています。

チャンスが掴めるらいん かれしぼしゅう けいじばん ふくおか わりきりで少女探し

ひとことでいうとふくおか、じょせいはだんせいのるっくすかけいざいりょくがもくてきですし、けいじばんだんせいは「おかねがかからないじょせい」をもくてきとしてであいけいさいとをかつようしているのです。
どっちも、ふくおかできるだけあんかにおかいものがしたくてであいをかつぼうしているようなものです。
そうやって、けいじばんであいけいさいとにはまっていくほどにわりきり、おとこはじょせいを「もの」としてとらえるようになり、らいんおんなもじぶんじしんを「しなもの」としてみなしていくようにへんかしてしまうのです。
であいけいさいとのしようしゃのあたまのなかというのは、らいんじょせいをじょじょにひとではなく「ぶっしつ」にしていくようなあぶのーまるな「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like