ちじょ であい しずおかしじゅくじょ60さいであいふりん

らいたー「もしかすると、げいのうにかんけいするなかでしゅぎょうちゅうのひとってさくらでおかねをためているひとがおおぜいいるのでしょうか?」
E(とあるげいにん)「はい、そうですね。さくらのしごとって、ちじょしふとおもいどおりになるし、ぼくらのような、きゅうにしょーのよていがはいったりするようなしょくぎょうのひとにはどんぴしゃりなんですよ。よそくふのうのあきじかんにできるし、しずおかしじゅくじょ60さいであいふりんけいけんのひとつになるし…」
C(とあるゆうめいあーてぃすと)「ひとつのけいけんになるよね、であいじょせいとしてこみゅにけーしょんをはかるのはすごくたいへんだけどこっちはおとこめせんだから、ちじょじぶんのたちばからいってほしいことをむこうにつたえればいいわけだししずおかしじゅくじょ60さいであいふりん、おとこのきもちをわかっているから、だんせいもやすやすとくいついてくるんですよね」

流れでちじょ であい しずおかしじゅくじょ60さいであいふりんを例えよう

A(めんきゃばすたっふ)「かえって、おんなでさくらをやっているひとはおとこのこころがわかってないからほんとうはへたっすよね」
ひっしゃ「おんなのさくらより、しずおかしじゅくじょ60さいであいふりんおとこのさくらがてきしているのですか?」
D(げいのうじむしょしょぞくのひとり)「はい。ひいでたせいせきをのこしているのはだいたいだんせいです。といっても、ぼくはじょせいのじんかくをつくるのがじょうずじゃないのでであい、いつもしかられてます…」

恋を知るならちじょ であい しずおかしじゅくじょ60さいであいふりんが行うキステクニック

E(あるげいにん)「さいしょから、しょうじきじゃないものがせいこうするせかいですからね…。じょせいになりきるのがそうぞういじょうにたいへんで…おれもほねをおっているんです」
ひっしゃ「おんなきゃらくたーをえんじるのも、おもったいじょうにたいへんなんですね…」
じょせいゆーざーのどのようにしてえんじきるかのはなしにはながさくいちどう。
そんななかで、あるこめんとをかわきりに、あーてぃすととじしょうするCさんにきょうみがつどったのです。

関連記事

You Might Also Like