ちゃっとせふれ かれしぼしゅうでんごんばん

ふつうにようじんしていればそんなだんせいとはであうことはないのにとかんがえられないところなのですがよくいえばぴゅあでうたがうこころがないかのじょたちのようなおんなのひとはやばいひとだとかんじていてもそのあいてといっしょにいます。
いぜんにたくさんのじょせいがぼうりょくじけんのぎせいしゃになりざんさつされたりしているのにそのいっぽうでこんなにゅーすからそんこときにしないじょせいたちはよくないかんじをうけながしてあいてにいわれるがままあわせるだけになってしまうのです。
まえにのべたようにかのじょのされた「ひがい」はおおきなはんざいひがいですし、いうまでもなくほうてきにせいさいすることがきる「じけん」です。
だけどであいけいさいとにさんかするおんなのひとはちゃっとせふれ、なぜかききかんがないようで、ふつうであればすぐさまじゅんとうなきかんにうったえるようなことも、きにかけることなくうけながしてしまうのです。

ダンディが集まるちゃっとせふれ かれしぼしゅうでんごんばんのことしか考えられない

けっかてきに、ちゃっとせふれかがいこういをいったものはこんなわるいことをしてもきづかれないんだようにんしてもらえるならどんどんやろう」と、すっかりそのきになってであいけいさいとをゆうこうかつようしつづけ、ぎせいしゃをぞうふくさせつづけるのです。
「だまってゆるす」といえば、しんぼうづよいひびきがあるかもしれませんがちゃっとせふれ、そのふるまいこそがかれしぼしゅうでんごんばん、はんざいしゃをぞうしょくさせているということをまずみつめなければなりません。
ぼうこうをうけたばあいにはゆうよなく、かれしぼしゅうでんごんばんけいさつでもおかねはかからないそうだんまどぐちでもどうなるかにかんけいなくさいしょにそうだんしてみるべきなのです。

関連記事

You Might Also Like