おびひろ せっくす としまのせっくす

「であいけいさいとがわからかぞえきれないくらいのめーるがたまるようになってしまった…なにかいけないことした?」と、こんわくしたおぼえのあるほうもすくなくないでしょう。
ひっしゃにもにたようなたいけんはありますがとしまのせっくす、そういったばあいせっくす、しようしたであいけいさいとが、しらないうちになにかしょかにまたがっているかのうせいがあります。
このようにしてきするのは、であいけいさいとのだいぶぶんはおびひろ、しすてむがかってに、としまのせっくすほかのさいとにけいさいしているあどれすじょうほうをまるごとべつのさいとにてんきしているのです。
とうぜん、これはりようしゃのようぼうによるものではなく、まったくしらないうちにりゅうようされてしまうばあいがほとんどなので、しょうひしゃも、しくみがわからないうちに、なにさいとかのであいけいさいとからみにおぼえのないめーるが

日本でのおびひろ せっくす としまのせっくすは使いづらかった

さらにいえば、かってにそうしんされているけーすではおびひろ、たいかいすればめーるもこなくなるとゆだんするひとがおおいのですが、さいとをやめたところでこうかがありません。
しまいには、たいかいもできないしくみで、せっくすべつのさいとにじょうほうがながれっぱなしです。
あどれすをきょひりすとにふりわけてもそれほどこうかてきではなく、としまのせっくすまだきょひされていないめーるあどれすをよういしてめーるをおくりなおしてくるのです。
いちにちでじゅしんばこがいっぱいになるほどおくってくるばあいは、すぐさまこれまでつかっていたあどれすをへんこうするいがいにはほうほうがないのでようじんぶかくこうどうしましょう。

関連記事

You Might Also Like