らいんえんじょこうさいさいと じゅくねんむりょうであい

いぜんここにのせたきじのなかで、「であいけいさいとではみりょくてきにかんじたので、あってみたらそのおとこははんざいしゃでした」となるじょせいにかんするおはなしをしょうかいしましたが、じょせいとしてもかんがえがあるのでしょうが、そのだんせいとおわるどころかつきあうことになったのです。
なぜかというと、「だんせいはかっこうからふつうとはちがい、ことわるとどうなるかわからずいっしょにいくことになった」といいましたが、さらにくわしくきいてみるとらいんえんじょこうさいさいと、そのじょせいもすこしはみりょくをかんじていてついていくことをえらんだようなのです。
かれのはんざいのないようというのも、おおぶりともいえるながさのはものでほかでもないおやをさしてしまったというものだったので、ほんとうにあぶないかのうせいがあるだんせいだとふつうはかんがえるのではないかとおもいますが、はなしてみるとふつうのひととかわらず、ふだんはそれこそしんせつなぐらいでしたから、らいんえんじょこうさいさいときんちょうしなくてももんだいないとおもい、おたがいにこいびととしておもうようになったのです。
かのじょがそのだんせいとうまくいったかというと、ときおりそのあいてがあやしげなうごきをしていたので、あやしまれないようにだまっていえをでて、そのままかんけいをおわりにしたとそのかのじょははなしてくれたのです。

らいんえんじょこうさいさいと じゅくねんむりょうであいへの注意

なにかとくべつなげんどうがなくてもつねになーばすになっていたので、ふたりでいっしょにくらしていたばしょから、じゅくねんむりょうであいおってこられてもこまるのでかくれるようにいそいででてきたといっていましたが、なんともいえないおそろしさをかんじたというぶぶんもたしかにあったようですが、おたがいにいいあらそうことになると、ちからにたよろうとしたり、じゅくねんむりょうであいひどいらんぼうもきにせずするようなしぐさをなにかとみせるから、さいそくされるとすぐにおかねもだし、べつのことにかんしてもいろいろとして、せいかつをするのがふつうになっていたのです。

関連記事

You Might Also Like