かわったせっくす むりょうけいじばん あいちけん

であえるさいとをりようするひとびとにはなしをきいてみるとあいちけん、だいたすうのひとはむりょうけいじばん、ひとはだこいしくて、みじかいあいだでもかんけいをもつことができればべつにかまわないというみかたでであいけいさいとをかつようしています。
かんたんにいうと、むりょうけいじばんきゃばくらにいくおかねをせつやくしたくて、ふうぞくにかけるりょうきんももったいないから、おかねがかからないであいけいさいとで「のってきた」じょせいであんかにすませよう、あいちけんとするちゅうねんおとこせいがであいけいさいとというせんたくしををちょいすしているのです。
かたや、「じょし」がわではことなったすたんすをいだいています。
「ねんれいがはなれていてもいいから、おかねもちでかじをしてくれるかれしがほしい。であいけいさいとをやっているだんせいは100%もてないひとだから、ちゅうのげていどのじょせいでもおもいどおりにあつかえるようになるにきまってる!おもいがけずあいちけん、たいぷのひとにであえるかもかわったせっくす、かおがわるいおとこはむりだけど、いけめんだったらでーとしたいな。おおよそ、じょせいはこのようにかんがえています。

感心できるかわったせっくす むりょうけいじばん あいちけんは気持ちが良い

ひとことでいうと、じょせいはだんせいのみてくれかけいざいりょくがもくてきですし、だんせいは「りーずなぶるなじょせい」をかちとるためにであいけいさいとをはたらかせているのです。
おたがいに、あまりおかねがかからないおかいものがしたくてであおうとしているようなものです。
そしてついにはかわったせっくす、であいけいさいとをりようしていくほどに、おじさんたちはじょせいを「しょうひん」としてみるようになり、おんなたちもみずからを「しょうひん」としてみなしていくようにかんがえがかわってしまうのです。

達人が教えるかわったせっくす むりょうけいじばん あいちけんをつかむ方法

であいけいさいとをしようするひとのかちかんというものはむりょうけいじばん、じょせいをすこしずつせいしんをもたない「ぶっしつ」にしていくようないじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like