えろいらいん むりょう であいけい

「であいけいさいとをつかっていたらひんぱんにめーるがいっぱいになった…これって、であいけいどういうこと!?」とえろいらいん、びっくりしたおぼえのあるほうもほとんどではないでしょうか。
ひっしゃにもおなじたいけんはありますがえろいらいん、そういっためいわくめーるにてこずるけーすは、りようしたであいけいさいとが、しぜんとすうさいとにまたがっているかのうせいがあります。
というのは、むりょうであいけいさいとのたいはんは、さいとのぷろぐらむによって、ほかのさいとにとうろくされているこじんじょうほうをまるごとべつのさいとにじどうでほぞんするからです。
とうぜんのことですが、これはりようするがわののぞんだことではなく、きかいのそうさでとうろくされてしまうばあいがたいはんなのでであいけい、さいとのえつらんしゃも、こんらんしているうちにおおくのであいけいさいとからいみふめいのめーるが

子供のころからのえろいらいん むりょう であいけいに蔓延

また、じどうとうろくのばあい、むりょうたいかいすればめーるはこないとてつづきをしようとするひとがおおいのですが、たいかいしたとしてもこうかがみられません。
けっきょくのところであいけい、たいかいもできないしくみで、べつのさいとにもじょうほうがろうえいしっぱなしです。
せっていをいじってもたいしたいみはありませんしむりょう、まだおくれるめーるあどれすをつかってめーるをおくるだけなのです。
ひにかぞえきれないほどくるまでになったばあいはそのままつかいなれたあどれすをちぇんじするしかほうほうがないのでさいとえらびにはじかんをかけましょう。

関連記事

You Might Also Like