ふりんさいと ふくおか であいけい だんせいかんぜんむりょう

おどろくことにまえけいさいしたきじで、「であいけいさいとではみりょくてきにかんじたので、だんせいかんぜんむりょうあってみたらそのおとこははんざいしゃでした」となってしまうたいけんをしたじょせいがいましたが、けっきょくそのじょせいがどうしたかというと、そのだんせいとはほんきでつきあうかんけいになってしまいました。
そうなったのはふりんさいと、「なにかありそうなだんせいで、ふくおかおそろしさからことわれずいっしょにいくことになった」といいましたが、じっくりとじょせいにはなしをきいたら、かのじょとしてもきょうみをもつところがありいっしょにいくことにしたぶぶんもあったようです。
かれのはんざいのないようというのもだんせいかんぜんむりょう、こがたのないふではなくおおきめのないふでさしたあいてはじぶんのおやというじけんですから、たんなるじこなどとはちがうとかんがえるひともいるとおもいますが、じっさいにはなすとおんこうそうなひとで、ふだんはそれこそしんせつなぐらいでしたから、ほんとうはふつうのひとだとおもって、ふりんさいとほんかくてきなこうさいになっていったということです。
そのかのじょとだんせいのかんけいについては、であいけいきがつくとふしんなこうどうをしているときがあったので、なにもいわないままいえをでて、そのままかんけいをおわりにしたとはなしていました。

ネットを通じてふりんさいと ふくおか であいけい だんせいかんぜんむりょうをご紹介

ちかくにいるというだけでもいあつされているようにかんじ、ふくおかどうせいしていたにもかかわらず、とうぼうするかのようにでていくことだけかんがえていたとはなしていましたが、ほんとうはふんいきがいやだったこともりゆうとしてはあったようですがふりんさいと、ちょっとしたいいあいにでもなると、であいけいすぐにちからにまかせるなど、すさまじいぼうりょくをふるうかんじのしぐさをしてくるために、であいけいじょせいはおかねもわたすようになり、たのまれたことはなにもことわれず、まいにちくらしていくじょうたいだったのです。

関連記事

You Might Also Like