むりょうであい ぽいんとせいとうろくなし むりょうぽいんとてれくら

きょうは、であいけいさいとならよくつかうというごにんのじょせい(じゅうだい~じゅうだい)をいんたびゅーをかんこうしました。
めんばーをみていくと、きこんしゃであるAと、ぽいんとせいとうろくなし3にんのだんせいとどうじしんこうしているぎゃるB、みずしょうばいでかせいでいるD、5にんめはむりょうであい、じょしだいせいのE。ぎんざにあるはんしゃりょうほうのりふれくそろじーさろんでうけつけをたんとうしているC、
ほんとうのところむりょうぽいんとてれくら、じゅうだいじょせいにしぼってごにんでとういつしたかったんですが、きょうになってきゃんせるされたため、ぽいんとせいとうろくなしいそいでえきまえで「であいけいさいとにかんするしゅざいにどうこうしてほしい」となんじゅうにんかじょせいにおふぁーをして、ぽいんとせいとうろくなしいかがわしいこえかけにもこころよくきょうりょくしてくれた、じゅうだいのEさんをくわえたごにんをむかえました。
だいいちに、むりょうであいひっしゃをおさえてはなしだしたのはむりょうぽいんとてれくら、げんざい3にんのだんせいとかんけいをもっているBさん。

都市伝説か?むりょうであい ぽいんとせいとうろくなし むりょうぽいんとてれくらの時間帯

じゅうだいのぎゃるB「であいけいさいとのことですが、「みなさんはどうしてあかとるんですか?わたしはえんじょねらいでいまはみつまたしてます」
わらってかたるBさんに、Aさんら4にんもためらいながらじぶんのはなしをはじめました。
A(きこんしゃ)「わたしのばあいは、むりょうぽいんとてれくらしんぷるにそとにもかんけいがほしくなったのがはじめちゃいました。ほかのひとからみたら、いけないことだってわかっているけど、やっぱりであいけいさいとはりようする。」
B「いちどつかうとすっかりたよっちゃいますよね」

気をつけて!むりょうであい ぽいんとせいとうろくなし むりょうぽいんとてれくらが大きく見えた

ひっしゃ「ぱぱねらいでであいけいさいとにろぐいんするかんがえのじょせいはわりといる?」
B「おかねはいらなきゃやらないですよね」
Bさんにつづいて、ほすてすのDさんがさらっと、よのだんせいじんからするととてもしびあなうちあけました。

関連記事

You Might Also Like