そくやれるあぷり えろじょしらいん

であいをもとめるねっとのばをつかっているひとたちにといかけてみると、おおかたぜんいんが、ひとこいしいというそれだけのりゆうで、えろじょしらいんわずかのあいだかんけいがきずければ、かまわないというきもちでであいけいさいとをしようしています。
ようするに、きゃばくらにいくおかねをはらうのがいやで、ふうぞくにかけるおかねもだしたくないからえろじょしらいん、おかねがかからないであいけいさいとで「ひっかかった」じょせいでおとくにすませよう、とかんがえつくだんせいがであいけいさいとのゆーざーになっているのです。
また、「じょし」がわではことなったかんがえかたをいだいています。
「すごくとしうえのかれしでもいいからそくやれるあぷり、おかねもちでかじをしてくれるひとをかれしにしたい。であいけいさいとにてをだしているだんせいは9わりがたもてないひとだから、じょしりょくのないじぶんでもおもちゃにできるようになるかも!ひょっとしたら、たいぷのひとがいるかも、ばーこーどあたまとかはむりだけど、かおしだいではでーとしたいな。じょせいのはんすういじょうがこのようにかんがえています。

うなじに注目!そくやれるあぷり えろじょしらいんがなぜ人気なのか

つまり、じょせいはだんせいのみばえかおかねがめあてですし、だんせいは「おとくなじょせい」をもとめてであいけいさいとをつかいまくっているのです。
どちらとも、あまりおかねがかからないおかいものがしたくてであいたがっているようなものです。
そうやって、であいけいさいとをもちいていくほどに、えろじょしらいんおとこたちはじょせいを「もの」としてかちづけるようになり、そくやれるあぷりおんなたちもみずからを「もの」としてあつかうようにかんがえかたがいびつになっていくのです。
であいけいさいとをしようするひとのすたんすというのは、じょせいをじょじょにひとではなく「もの」にしていくようなきょうきてきな「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like