ぜんこくめるともぼしゅうちゅうけいじばん いんらんひとづまえろであい

しつもんしゃ「もしかすると、げいのうじんのなかでゆうめいでないひとって、さくらをどうじにおこなっているじんがおおくみうけられるのでしょうか?」
E(とあるげいのうじん)「きっとそうですね。さくらのあるばいとって、いんらんひとづまえろであいしふとじゆうだし、おれらのような、きゅうにひつようとされるようなせいかつのじんしゅにはさいこうなんですよ。いれぎゅらーなあきじかんにできるしめったにできないけいけんのひとつになるし…」
C(ぼうげんえきあーてぃすと)「けいけんになるよねいんらんひとづまえろであい、じょせいとしてこみゅにけーしょんをはかるのはなかなかたいへんだけどじぶんはおとこめせんだから、じぶんがいわれてうれしいことばをあいてにはなせばいいわけだし、ぜんこくめるともぼしゅうちゅうけいじばんおとこがわのきもちはおみとおしだから、あいてもやすやすととびつくというものなのですよね」

分からない事はぜんこくめるともぼしゅうちゅうけいじばん いんらんひとづまえろであいの女性に恋をした

A(めんきゃばつとめのおとこ)「ぎゃくをいうと、おんなでさくらをやっているひとはだんせいのしんりがわかってないからしょうじきいってへたっすよね」
ひっしゃ「じょせいのさくらいじょうに、だんせいのさくらのほうがもっとすぐれているのですか?」
D(げいのうじむしょかんけいしゃ)「はい、そうですね。ゆうしゅうなせいせきをのこしているのはだいたいだんせいです。なのに、ぼくなんかはおんなのきゃらくたーをつくるのがへたくそなんで、いつもめくじらをたてられてます…」

ぜんこくめるともぼしゅうちゅうけいじばん いんらんひとづまえろであいにて。

E(とあるゆうめいげいにん)「きほんぜんこくめるともぼしゅうちゅうけいじばん、ふしょうじきものがのしあがるわーるどですね…。じょせいになりきるのがけっこうたいへんで…おれたちもくろうしてます」
らいたー「おんなきゃらくたーをつくっていくのも、いろいろとくろうするんですね…」
じょせいきゃらくたーであるひとのどうえんじるかのはなしがとまらないいちどう。

このサイトのぜんこくめるともぼしゅうちゅうけいじばん いんらんひとづまえろであいて実際どうなの?

そんななかで、あるはつげんをきっかけとして、じしょうあーてぃすとであるCさんにちゅういがあつまりました。

関連記事

You Might Also Like