であいこうりゅうさいと あしゅれいまでぃそん たいけんだん

このときは、であいけいさいとはよくつかうというごにんのじょせい(ひとりをのぞいてみんなじゅうだい)にいんたびゅーをじっししました。
そろっているのは、だんなさんがいるA、ぎゃるふうで3にんのおとこをてだまにとるB、きゃばくらじょうとしてはたらくD、たいけんだん5にんめは、あしゅれいまでぃそんだいがくにとおっているE。ぎんざにあるはんしゃりょうほうのりふれくそろじーさろんでうけつけたんとうをしているC、
これはこぼればなしですがであいこうりゅうさいと、じゅうだいじょせいげんていでごにんそろえたかったものの、であいこうりゅうさいとどたきゃんのためあしゅれいまでぃそん、あたまをきりかえてえきまえで「であいけいさいとについてのしゅざいをうけてほしい」となんじゅうにんものじょせいにこえをかけ、きけんなにおいのするこえかけにもたいけんだん、いやなかおをせずにいたじゅうだいのEさんをいれたごにんにしゅざいをかんこうしました。

男性が教えるであいこうりゅうさいと あしゅれいまでぃそん たいけんだんの冷やかしについて

いちばんに、ひっしゃのあいさつよりもさきにとーくをてんかいしたのはげんざい3にんのだんせいとかんけいをもっているBさん。
B(じゅうだいのぎゃる)「であいけいさいとなんですけど、「みなさんはなにがあってとうろくしたんですか?わたしはおかねもくてきでいまはみつまたしてます」
へらへらしてかたるBさんに、Aさんら4にんもひきぎみでじぶんのたいけんだんをかたりはじめました。

今アツい!であいこうりゅうさいと あしゅれいまでぃそん たいけんだんを極める11の法則

A(おっとがいる)「わたしのばあいは、そっちょくにいってだんないがいのひとにいだかれたいとおもったのがきっかけですね。じょうしきてきにはたいけんだん、はずかしいことってわかるけど、やっぱりであいけいさいとはりようする。」
B「すこしでもはんのうがあるとじょうしゅうかしますよね」
ひっしゃ「ATMさがしてであいけいさいとをこうりゃくするじょせいがおおいんでしょうか?」
B「じゃなきゃはまらないですよ」

ちゃんと出会える!であいこうりゅうさいと あしゅれいまでぃそん たいけんだんが晴れてますね

ここであしゅれいまでぃそん、ほすてすをしているDさんがわるぎもなく、おとこにとってけっこうひどいことをばくろしました。

関連記事

You Might Also Like