こいびと せふれ げい であい なごや

であいけいさいとのせかいをとてもりようするねんれいはげい、わかわかしい20だいや30だいのねんだいのがくせいやしゃかいじんだといいまわされています。
また、おじさんといわれる40さいいじょうのねんれいになるとなごや、であいけいさいとをはたらかせるというみちのこうふんをしんたいにかんじなくなったりげい、めあてやつかいみちのじょうほうをそこまでいかしきれなかったため、せふれつかおうとしたかんねんが、おきるりくつがない、とおもっているだんせいたちがたくさんいます。
このように、しんがいにもじゅうだいのべてらんがおおくなっており、なごやここうのじかんをいやすためにせいかつにとりいれてしまうこうれいしゃなどもでてきてしまいます。
かくしてであい、かくしゅねんだいのひとびとがであいけいさいとをじっこうしているのですがこいびと、そのとしごろによってりようするよういんやおこりがかなりちがってきます。

運命の出会いはこいびと せふれ げい であい なごやが多い

れいをかんがえると、じゅっさいをこえ、こいびとかていをもっているとおもわれるだんせいは、こいびとをさがすというよりも、うめようのないくうはくのこころをいやすりゆうで、こころのつかれをとってくれるひとをたんけんするためにであいけいさいとをつかいはじめるようになっただんせいがあらわれることがふえいました。
このようなひとには、であい「さくらにあざむかれていることをしってしまっても、げいさびしいせいかつにもどるくらいならりようをつづけている」というだんせいたちもいるなどめからうろこがおちるおもいでじぶんではどうすることもできないひともいるのです。
そのとしによってかつようするわけはちがいますがなごや、はばひろいせだいがであい、ひとつでないりゆうでであいけいさいとからぬけだせなくなっています。
あわせて、せふれこういったまちがったきもちをかえるには、こいびとげんだいのじょうきょうでは、であいけいさいとじたいのさだめごとをすべるしかすべがないのです。

関連記事

You Might Also Like