せっくすふれんど であい わりきりけいじばん OSAKA

であいけいをしようしているちゅうこうねんやわかものにおはなしをうかがうと、ほぼほぼのひとは、せっくすふれんどひとはだこいしいというりゆうでであい、つかのまのかんけいをもつことができればべつにかまわないというとらえかたでであいけいさいとをちょいすしています。
かんたんにいうと、きゃばくらにいくおかねをだしたくないし、ふうぞくにかけるおかねもけちりたいからOSAKA、りょうきんのいらないであいけいさいとでわりきりけいじばん、「のってきた」おんなのこでりーずなぶるにすませよう、ととらえるだんせいがであいけいさいとをもちいているのです。
かたや、おんなのこがわはまったくことなるすたんすをつつみかくしています。

せっくすふれんど であい わりきりけいじばん OSAKAで真面目に彼女を作る

「あいてがじゅくねんでもいいから、であいふくもかってくれてりょうりがおいしいかれしがほしい。であいけいさいとをやっているおじさんはもてそうにないようなひとだからわりきりけいじばん、びじんとはいえないじぶんでもおもいどおりにこんとろーるできるようになるかのうせいはたかいよね!おもいがけず、OSAKAたいぷのひとにであえるかも、きもいひとはむりだけど、たいぷだったらつきあいたいな。じょせいのほとんどがこのようにかんがえています。
つまるところ、じょせいはだんせいのるっくすかきんせんがもくてきですし、だんせいは「やすいじょせい」をひょうてきにであいけいさいとをしようしているのです。
おたがいに、なるべくおかねをかけずにおかいものがしたくてであいをほっしているようなものです。
そのようにして、であいけいさいとにはまっていくほどに、せっくすふれんどおじさんたちはおんなを「しょうひん」としてみるようになり、おんなもじぶんじしんを「しなもの」としてみなしていくようにへんようしてしまうのです。

せっくすふれんど であい わりきりけいじばん OSAKAを攻略する!

であいけいさいとをりようするひとのしょけんというのは、じょじょにおんなをこころのない「ぶったい」にしていくるいのいじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like