ふりん ぱーと LINE せふ

であいけいをりようするひとびとにおはなしをうかがうと、あらかたぜんいんがぱーと、こどくにたえきれず、ぱーとみじかいあいだでもかんけいをもつことができればそれでかまわないというきもちでであいけいさいとをえらんでいます。
かなめは、きゃばくらにいくりょうきんをせつやくしたくて、LINEふうぞくにかけるりょうきんもせつやくしたいから、りょうきんのいらないであいけいさいとで、LINE「げっとした」おんなのこでりーずなぶるにまにあわせよう、ふりんとかんがえつくだんせいがであいけいさいとのゆーざーになっているのです。
またぱーと、「じょし」さいどはそういなかんがえかたをいだいています。
「かれしがとしうえすぎてもいいから、りょうりができておかねがあるひとをかれしにしたい。であいけいなんてやってるおじさんはだいたいがもてないようなひとだからせふ、へいきんていどのじょせいでももてあそぶことができるようになるとおもう…ひょっとしたら、たいぷのひとがいるかも、ちゅうねんおやじはむりだけど、たいぷだったらつきあいたいな。ほぼかくじつにじょせいはこのようにかんがえています。

サクラについてはふりん ぱーと LINE せふが日本一!

ひとことでいうとせふ、じょせいはだんせいのようしのうつくしさかけいざいりょくがたーげっとですし、ふりんだんせいは「ていこすとなじょせい」をてにいれるためにであいけいさいとをしようしているのです。
いずれも、せふなるべくおかねをかけずにおかいものがしたくてであいをねがっているようなものです。
そんなふうに、ふりんであいけいさいとをてきようさせていくほどに、おとこたちはじょせいを「しょうひん」としてとらえるようにになり、おんなもそんなおのれを「しょうひん」としてとりあつかうようにゆがんでいってしまいます。

真面目なふりん ぱーと LINE せふで運命の人と出会う

であいけいさいとのしようしゃのかんじかたというのは、じょじょにおんなをいしのない「もの」にしていくようないじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like