むりょうちゃっと かいがい てれくら いしかわけん

いぜんしょうかいしたきじには、むりょうちゃっと「であいけいさいとでなかよくなりいしかわけん、やったとおもっていたらはんざいしゃだった」というじょせいがいたはなしをだしましたが、このじょせいがどんなこうどうをしたかというと、だんせいとおわりにならずにつきあうてんかいになったのです。
どうしてかというと、「だんせいのみためがいかつくて、きょうふをかんじてしまいひとまずついていっただけ」とのはなしだったのですが、じっくりとじょせいにはなしをきいたら、じょせいとしてもこうきしんがでてきてついていくことにしたきもちもあったのです。
かれのはんざいのないようというのも、はわたりもけっこうながいはものをつかってじつのおやをきずつけてしまったということだったので、きけんだとかんじてもおかしくないとおもうひともすくなくないでしょうが、かんじのわるいぶぶんがなかったようで、けっこうしんせつにしてくれるところもおおく、いしかわけんわるいひととはおもわなくなりてれくら、こうさいがはじまっていったというはなしなのです。

相手が欲しいならむりょうちゃっと かいがい てれくら いしかわけん探し

かのじょもさいしょはよかったようですがてれくら、ときどきおかしなうごきをするばあいがあったので、むりょうちゃっとなにもはなしあいをせずにでていき、もうもどらないことにしたというけつまつなのです。
ちかくにいるというだけでもいあつされているようにかんじてれくら、どうせいしていたにもかかわらずかいがい、もんだいがおこるまえににげようといそいででてきたといっていましたが、きょうふをかんじるようなふんいきがあったのもたしかなようですがそれいがいにもいしかわけん、おたがいにいいあらそうことになると、すぐにちからにまかせるなど、ぼうりょくだってへいきだというようなどうさでいかくすることがあるから、むりょうちゃっとようきゅうされればおかねもだすようになり、おねがいされるときくしかなくなりかいがい、いっしょにせいかつをつづけていたというのです。

関連記事

You Might Also Like