むりょうかみまちけいじばん せふれ かいすう

きがるにであいえるさいとをりようするひとびとにはなしをきいてみるとかいすう、あらかたぜんいんが、ただひとこいしいというりゆうで、ごくたんきかんのかんけいをもつことができればそれでかまわないというきもちでであいけいさいとをえらんでいます。
かんけつにいうと、せふれきゃばくらにいくおかねをつかうのがいやで、ふうぞくにかけるおかねもつかいたくないから、りょうきんがはっせいしないであいけいさいとで、むりょうかみまちけいじばん「てにいれた」おんなのこでてごろなかかくですませよう、せふれとかんがえつくちゅうねんおとこせいがであいけいさいとにとうろくしているのです。
だんせいがそうかんがえるなか、「じょし」さいどはことなったすたんすをそなえています。
「すごくとしうえでもいいから、むりょうかみまちけいじばんふくもかってくれてりょうりがおいしいひとをかれしにしたい。であいけいさいとのほとんどのおじさんはみんなそろってもてないようなひとだから、むりょうかみまちけいじばんじぶんていどのじょせいでもおもいどおりにあつかえるようになるんじゃ…!おもいがけず、いけめんのひとにであえるかも、ちゅうねんぶとりとかはむりだけど、かおしだいではあってもいいかな。だいたいのじょせいがこのようにかんがえています。

肉食系男子のむりょうかみまちけいじばん せふれ かいすうは良かった

りかいしやすいいいかただと、じょせいはだんせいのかおだちのよさかみついでくれることがめあてですし、だんせいは「あんかなじょせい」をもくひょうにであいけいさいとをうんようしているのです。
どちらにしろ、かいすうただあんかにおかいものがしたくてであいをようきゅうしているようなものです。
そんなかんじで、であいけいさいとをかつようしていくほどに、おとこはおんなたちを「うりもの」としてとらえるようになりせふれ、じょせいもそんなおのれを「うりもの」としてみなしていくようになり、かわっていってしまいます。
であいけいさいとのゆーざーのしこうというのは、じんわりとおんなをいしのない「ぶっしつ」にしていくようないじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like