かかおとーく いせい であい むりょうあだるとうつししん

であいけいをつかってばかりなというひとのないめんは、まずきほんてきにこどくなにんげんで、だれにたいしてもとくに、にんげんかんけいをこうちくすることにかちがないものだときめつけてしまうといういっぽひいたところからたにんをみています。
いつもであいけいさいとをつかっているひとにつうじていることは、れんあいというもんだいいぜんとして、せいちょうかていであいじょうをうけることがなかったり、ゆうじんとのかんけいについてもまずいじできないというたいぷがほとんどなのです。
そういうたいぷのひとは、はなれたところからみると、むりょうあだるとうつししんなにのとくちょうもないじんぶつで、なやみとはむえんのせいかつをしているようにおもわれがちなのですが、じつじょうはもっとふくざつなようです。

Look!!かかおとーく いせい であい むりょうあだるとうつししんを想像してみる

にんげんかんけいというものじたいをおそれているようなところがあり、かていのないぶでのかんけいも、かかおとーくともだちかんけいであっても、かいしゃのひととのかんけいもいせい、こいびとというあいだがらであっても、ながくつづけようともせず、そういうきおくがあるからこそむいしきのうちにいせいへのきょうみをなくしている、というにんげんかんけいのへんせんをおくったひとがとてもおおいのです。
そういったかんがえかたのひとのしてんからみると、むりょうあだるとうつししんであいけいのないぶはきをはらずともよいところなのです。
さいとをかいしてえたかんけいは、であいながくつづくことはまれであるのがつうれいだからです。

確率的に言えばかかおとーく いせい であい むりょうあだるとうつししんとは

ほぼすべてが、であいつごうのよいかんけいしかえられないことばかりなので、であいあらたなめんどうもおこらずいせい、さいしょのもくてきだけおわればそこからなにかをもとめることもありません。
であいけいさいとというしすてむにはまりこんでしまうひとは、あいてとのにんげんかんけいをすっかりあきらめてしまっており、にんげんのことをしんようするというきもちをもつと、かかおとーくであいけいというものからはとおざかっていくようになるのです。

関連記事

You Might Also Like