こうたちょうのせふれぼしゅうけいじばん らいんけいじばん あいち

であいけいをつかうひとたちにといかけてみるとらいんけいじばん、ほとんどのひとは、ひとはだこいしいというりゆうで、わずかのあいだかんけいをもつことができればかまわないというきもちでであいけいさいとをつかっています。
つまるところ、きゃばくらにいくおかねをかけたくなくて、ふうぞくにかけるおかねもつかいたくないから、おかねがひつようないであいけいさいとでらいんけいじばん、「てにいれた」じょせいでやすあがりでまにあわせようあいち、とおもいついたちゅうねんおとこせいがであいけいさいとをもちいているのです。
そんなだんせいがいるなか、あいちおんなのこたちはことなったかんがえかたをひそめています。

こうたちょうのせふれぼしゅうけいじばん らいんけいじばん あいちのお見合い

「あいてがとしうえすぎてもいいから、なんでもしてくれるかれしがほしい。であいけいさいとにてをだしているだんせいは100%もてないひとだから、じょしちからぶそくのじぶんでもてのひらでおどらせるようになるんじゃないの?もしかしたら、かっこいいひとがいるかも、おじさんはむりだけど、こうたちょうのせふれぼしゅうけいじばんたいぷだったらつきあいたいな。9わりがたのじょせいはこのようにかんがえています。
かんたんにいえば、じょせいはだんせいのみばえかきんせんがたーげっとですしこうたちょうのせふれぼしゅうけいじばん、だんせいは「てごろなねだんのじょせい」をねらってであいけいさいとをしようしているのです。
そうほうとも、あいちただあんかにおかいものがしたくてであいをようきゅうしているようなものです。
そんなかんじで、であいけいさいとをもちいていくほどに、おとこはおんなたちを「しなもの」としてみるようになり、こうたちょうのせふれぼしゅうけいじばんおんなたちもそんなおのれを「しょうひん」としてとりあつかうようにゆがんでいってしまいます。

PCを使うならこうたちょうのせふれぼしゅうけいじばん らいんけいじばん あいちが信じたもの

であいけいさいとをもちいるひとのかちかんというものは、じょじょにおんなをいしのない「もの」にしていくようなあぶない「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like