らいんともだちふやす おおさか せっくすけいじばん

せんじつけいさいしたきじのなかで、「であいけいさいとでやりとりしていたあいてとおおさか、いちおうあってみたらはんざいしゃだとわかった」というじょうきょうになるじょせいのはなしをしましたが、おおさかこのじょせいがどんなこうどうをしたかというと、そのだんせいとはほんきでつきあうかんけいになってしまいました。
そのじょせいとしては、「ふつうのひととはふんいきがちがい、ことわることがこわくなってそのときはいっしょにいくしかなかった」とおもったそうですが、よりくわしいないようになったところ、ふつうのひとにはないぶぶんをかんじてことわらなかったところがあったのです。
だんせいにぜんかがあるというはなしも、ほうちょうよりもながいないふをつかってじぶんのおやをきずつけたというできごとだったそうで、なかなかいないたいぷできけんなあいてだとふつうはおもうかもしれませんがせっくすけいじばん、そういったかんがえとはちがいおだやかで、やさしいぶぶんもいろいろとあったので、らいんともだちふやすきをゆるせるあいてだとおもって、わかれるのではなくつきあいはじめたのです。

利用してみたくなるらいんともだちふやす おおさか せっくすけいじばんが感傷的だ

そのごのかんけいがどうなったかというと、そのあいてがしんようしづらいへんなこうどうをするので、わかれるすぶりなどみせないままいえをでて、かかわりをなくすことにしたとそのじょせいはかたってました。
ちかくにいるというだけでもおちつくことができないので、だんせいとくらしていたいえからおおさか、すこしでもはやくはなれようとくもがくれをしたということなのですがせっくすけいじばん、ふつうとはちがうふんいきをかんじたのもたしかなようですがそれいがいにも、いけんがあわないとなると、ちからのちがいをりようするようになり、ぼうりょくだってへいきだというようなきょどうをわざわざみせるから、もとめにおうじておかねまでだし、ようきゅうされればほかのこともして、らいんともだちふやすずっとくらしていたというのです。

関連記事

You Might Also Like