みかわえろおんなしゅつぼつするばしょ でぶ であい

Webさいとをであいのばとしてしようしているちゅうこうねんやわかものにおはなしをうかがうと、あらかたぜんいんがみかわえろおんなしゅつぼつするばしょ、さびしいというだけで、でぶごくたんきかんのかんけいをもつことができればべつにかまわないというかんがえかたでであいけいさいとをしようしています。
かんけつにいうと、きゃばくらにいくりょうきんをけちりたくて、ふうぞくにかけるりょうきんもけちりたいから、ただのであいけいさいとででぶ、「ひっかかった」おんなのこでてごろなかかくでまにあわせようであい、とかんがえつくだんせいがであいけいさいとというみちをせんたくしているのです。
そのいっぽうで、「じょし」がわではことなったすたんすをひめています。
「すごくとしうえでもいいから、りょうりができておかねがあるひとをかれしにしたい。であいけいさいとにてをだしているおじさんは8わり9わりはもてないひとだからみかわえろおんなしゅつぼつするばしょ、へいきんくらいのじょせいでもおもいどおりにこんとろーるできるようになるわ!おもいがけず、かっこいいひとにであえるかも、ちゅうねんぶとりとかはむりだけど、であいいけめんだったらあいたいな。このようにかんがえるじょせいばかりです。

僕のみかわえろおんなしゅつぼつするばしょ でぶ であいで素敵な恋を築く方法

ひらたくいえば、じょせいはだんせいのみためかけいざいりょくがたーげっとですし、だんせいは「やすあがりなじょせい」をたーげっとにであいけいさいとをてきようしているのです。
にしゃともであい、あまりおかねがかからないおかいものがしたくてであいをねがっているようなものです。
そんなこんなででぶ、であいけいさいとをやくだてていくほどに、だんせいはおんなを「しなもの」としてとらえるようになり、おんなたちもみずからを「もの」としてあつかうようにかんがえかたがへんかしてしまいます。
であいけいさいとをりようするひとのもののみかたというのは、じょせいをすこしずつこころのない「ぶったい」にしていくようなびょうてきな「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like