いばらきであいけい であいけい ぎゃくえんじょこうさい

「であいけいさいとをつかっていたらたいりょうにめーるがとどくようになってしまった…いったいどういうこと!?」と、あわててしまったおぼえのあるほうもかぞえきれないくらいいらっしゃるのではないでしょうか。
ひっしゃにもおなじたいけんはありますが、であいけいそういっためいわくめーるがくるけーすのばあい、ろぐいんしたであいけいさいとが、いつのまにかすうかしょにまたがっているかのうせいがあります。
というのは、であいけいさいとのほとんどはぎゃくえんじょこうさい、さいとのぷろぐらむにより、ほかのさいとににゅうりょくされたじょうほうをまとめてべつのさいとにもりゅうようしているからです。
いうまでもないことですが、これはとうろくしゃのにーずがあったことではなく、かんぜんにしすてむのもんだいでりゅうしゅつしてしまうぱたーんがほとんどで、さいとのえつらんしゃもぎゃくえんじょこうさい、まったくしらないあいだにすうさいとからおぼえのないめーるが

大体のいばらきであいけい であいけい ぎゃくえんじょこうさいに送れる

それに、じどうでとうろくされているけーすのばあい、たいかいすればそれでおわりだとあんいにかんがえるひとがおおいですがいばらきであいけい、たいかいはうつてがありません。
あげく、であいけいたいかいもできないままぎゃくえんじょこうさい、べつのさいとにもじょうほうがながれたままです。
せっていをいじってもそんなにいみはありませんし、いばらきであいけいまだおくれるたいりょうのあどれすからあらたにめーるをおくりつけてくるだけです。

良き時代のいばらきであいけい であいけい ぎゃくえんじょこうさいの意義

ひになんびゃくつうもそうしんしてくるばあいにはおもいきってしようしているめーるあどれすをへんこうするしかないのであやしいさいとはさけましょう。

関連記事

You Might Also Like