であいあぷり たいけんだん ながおかし じょそう

ふつうにようじんしていればそんなだんせいにくいつくことはないのにとすいそくするところなのですがじょうずにいえばじゅんぱくでかんたんにしんじてしまうかのじょたちのようなおとめはふまじめなあいてだとさっしてもそのあいてといっしょにいます。
なんにんかのおんなのひとがかこにぼうりょくじけんにひきこまれたりしぼうしたりしているのにところがかくいうにゅーすからきょうくんをえないじょしたちはただならぬくうきをきにしないであいてにさからえずあわせるだけになってしまうのです。
これまでにかのじょのかぶった「ひがい」は、まちがいないはんざいひがいですし、じょそういうまでもなくほうてきにせきばつすることができる「じけん」です。できる
けれどもであいけいさいとにたちまじるおんなのひとはたいけんだん、どういうりゆうかききかんがないようでじょそう、あたりまえであればすぐにだとうなきかんにうったえるようなこともながおかし、そのままするーしてしまうのです。

であいあぷり たいけんだん ながおかし じょそうの鉄則7カ条

そのけっか、ながおかしかがいしゃはこんなわるいことをしてもあばかれないんだききいれてもらえるならどんどんよろう」と、であいあぷりいいきになってであいけいさいとをりようしつづけじょそう、ひがいしゃがあとをたたないのです。
「だまってゆるす」となってしまうとがまんづよいひびきがあるかもしれませんが、そのこうどうこそが、たいけんだんはんざいしゃをふやしているということをまずちょくししなければなりません。
ひがいをうけたとじにはすぐにであいあぷり、けいさつでも0えんでそうだんができるまどぐちでもどちらでもいいのでまよいなくそうだんしてみるべきなのです。

関連記事

You Might Also Like