さっぽろしいえでおんなであい こじんのてれほんえっちとうこうけいじばん

しつもんしゃ「もしかすると、さっぽろしいえでおんなであいげいのうかいをめざすにあたってしたづみじだいをおくっているひとってさくらのあるばいとをしていることがおおいものなのでしょうか?」
E(とあるぎょうかいじん)「きっとそうですね。さくらでおかねをてにいれるって、しふとけっこうゆうずうがきくし、おれたちみたいなこじんのてれほんえっちとうこうけいじばん、きゅうにおふぁーがきたりするようなしょくについているじんしゅにはさいこうなんですよ。いれぎゅらーなあきじかんにできるしじんせいけいけんのひとつになるし…」
C(げんあーてぃすと)「ありがたいけいけんになるよね、こじんのてれほんえっちとうこうけいじばんじょせいのきゃらくたーとしてえんじるのはむずかしいけどじぶんたちはだんせいだから、じぶんのたちばでうれしいことばをあいてになげかけてやればいいわけだしさっぽろしいえでおんなであい、おとこごころはおみとおしだからあいてもやすやすととびつくというものなのですよね」
A(めんきゃばつとめのおとこ)「ぎゃくをいうと、じょせいがさくらをやっていてもおとこのしんりがわかってないからはっきりいってへたっすよね」

シンプルなさっぽろしいえでおんなであい こじんのてれほんえっちとうこうけいじばんが最適な理由

らいたー「おんなのさくらより、だんせいのさくらのほうがよりひいでたけっかをのこしているのですか?」
D(げいのうにじむしょしょぞくのひとり)「えぇ、そうです。すぐれたけっかをだしているのはだいたいだんせいです。ところがどっこい、ぼくはおんなのやくをえんじるのがにがてなんで、いっつもげきどされてます…」
E(ぼうげいにん)「いわずとしれて、しょうじきものがばかをみるわーるどですね…。じょせいになりきるのがおもいのほかたいへんで…おれもがんばっているんです」

さっぽろしいえでおんなであい こじんのてれほんえっちとうこうけいじばんでアプローチする方法

ひっしゃ「じょせいになりきってつくるっていうのも、いろいろとくろうするんですね…」
じょせいやくのやりかたにかんしてのはなしにはながさくかれら。
そんなばなしのなかで、あることばをきっかけに、さっぽろしいえでおんなであいじしょうあーてぃすとだというCさんにこうきしんがあつまったのです。

関連記事

You Might Also Like