であいかふぇとうきょう ひょうばん すりっぷのみりょく

いぜんしょうかいしたきじには、「であいけいさいとではみりょくてきにかんじたので、やったとおもっていたらはんざいしゃだった」というたいけんをされたじょせいのはなしをしましたが、じょせいがいやになるとおもうでしょうが、そのだんせいとほんとうにつきあうようになっていったのです。
りゆうとしてはであいかふぇとうきょう、「だんせいがあやしそうで、ことわることもおそろしくなりひとまずついていっただけ」とのはなしだったのですが、よりしょうさいにはなしをきいていたら、ひょうばんふつうのひとにはないぶぶんをかんじてそこでおわりにしなかったようでした。
そのかれがどういったつみだったかというと、せんちほどのながさのはものでまさにじぶんのおやをさしたものだったので、いっしょにいてもあんしんできないたいぷだとふつうはおもうかもしれませんが、おしゃべりをしたかんじはそうではなく、じょせいなどへのせっしかたはもんだいもなく、きをゆるせるあいてだとおもって、かんけいもほんかくてきなこうさいになっていったようです。
そのごもうまくいけばいいのですが、どうしてもだんせいのこうどうがおかしいときがあったので、じぶんからかってにいえをでていき、であいかふぇとうきょうそのあいてとはえんをきったということになったのです。

モテる男の流儀!であいかふぇとうきょう ひょうばん すりっぷのみりょくでの成功率

ちかくにいるというだけでもいあつされているようにかんじ、きょうどうでせいかつしていたものの、ほんとうににげるようなじょうたいででてきたというはなしをしていましたが、すりっぷのみりょくどうもたんにこわいとかんじるきもちがあったこともほんとうのようですがほかにも、ひょうばんじぶんがなっとくできないとなると、てをだすほうがはやかったり、ぼうこうだってきにしていないようなふんいきをありありとだすので、さいそくされるとすぐにおかねもだし、ほかのたのみごともききいれて、すりっぷのみりょくずっとくらしていたというのです。

関連記事

You Might Also Like