あじあんろうじょむりょう てれふぉんせっくす ひくいこえ

おとなしかいれないさいとをかなりりようするねんだいはあじあんろうじょむりょう、20だいのがくせいや30だいのしゃかいじんだといいまわされています。
あわせてひくいこえ、40さいいじょうのねんれいにたっすると、であいけいさいとをはたらかせるというむねのたかまりをかんじなくなったり、てれふぉんせっくすいかしかたやそんざいのじょうほうをみだせなかったため、つかいたいというきもちが、おきるじゆうがない、というかんがえがぞうかしています。
はなしがかわりますが、うちつけですがじゅうだいのりようしゃがおおくなっており、しごともしゅみもないのこどくをいやすためにつかいだすごこうれいなどもすどおりできないようになりました。
こんなように、ひくいこえいろとりどりのねんだいのひとびとがであいけいさいとでしげきをうけているのですが、せいべつはおなじでもねんれいのちがいによって、りようするひきがねやほったんがものすごくちがっています。

不幸になりたくなかったらあじあんろうじょむりょう てれふぉんせっくす ひくいこえの真骨頂!

れいじしてみると、じゅっさいをこえたねんれいのだんせいになると、せいてきよっきゅうをみたすというより、あじあんろうじょむりょうひとりのわびしいじかんをまぎらわすために、ひとときのやすらぎをていきょうしてくれるあいてをほしいというもくてきにであいけいさいとをしゅみのようになっただんせいがぞうかのいっとをたどります。
このしゅのひとにはてれふぉんせっくす、「さくらにだましこまれているじじつをうすうすかんづいていてもこどくなせいかつにおそれりようをつづけている」というせいかつにかかせないそんざいになったひともいるなどじぶんにしかわからないりあいでやめたくてもやめられないひともいるのです。
それぞれちがったねんれいでかつようするどうきはちがいますが、ばくぜんとしたはんいのせだいがひくいこえ、しゅるいがたくさんあるりゆうでであいけいさいとをやりつづけています。
ないし、こういったまちがったきもちをかえるには、さしあたって、であいけいさいとじたいのれぎゅれーしょんをいちだんとつよめていくしかてだてがないのです。

関連記事

You Might Also Like