よなご であい あいちけんのらいんけいじばん

ひっしゃ「はじめに、であいそれぞれであいけいさいとをつかってじょせいをさがすようになったきっかけをそれぞれいんたびゅーしたいとおもいます。
きょうそろったのは、こうこうをちゅうたいしてからはごねんかんすごもりせいかつをしているA、「せどり」でせいかつひをまかなおうとしこうさくごしているB、あいちけんのらいんけいじばんちいさなぷろだくしょんでれっすんをうけてあくしょんのはいゆうになりたいC、であいけいさいとならまかせてくれとじしんたっぷりの、ふりーたーのD、また、であいしんじゅくにちょうめではたらくにゅーはーふのE。
AさんからEさんまではたちいじょうにさいいかのめんばーをあつめました。

成熟したよなご であい あいちけんのらいんけいじばんを見てみる

A(ふだんはじしつからでない)「おれはずっとぱそこんばっかりしてて、あいちけんのらいんけいじばんねっとですごいきれいなこがいて、むこうからめーるもらったんですよ。そのつぎに、であいあるさいとのあかうんとをげっとしたら、めあどおしえるっていわれてとうろくしたんです。それっきりそのこからめーるのへんじがこなくなったんです。いうても、ほかのじょせいともなんにんかきにならなかったですね。」
B(ないしょくちゅう)「とうろくしてあんまりじかんがたってないじきは、じぶんもめーるのそうじゅしんをくりかえしてました。すごいきれいなひとでひとめぼれでしたね。なかよくなりたいからさいととうろくしてそのさいとについては、よなごさくらのおおさでわだいのところだったんですけど、じょせいかいいんもちゃんといたので、いまだにりようしています。
C(はいゆうになるくんれんちゅう)「わたしはですねよなご、やくづくりになるだろうとおもってつかいだしました。であいけいさいとからはなれられないようなひとのやくをもらって、それからじぶんもりようするようになりました」

できる人がやっているよなご であい あいちけんのらいんけいじばんが多かった

D(てぃっしゅくばりのばいと)「ぼくなんですが、さきにりようしていたゆうじんにかんけいではじめたかんじですね」
あとは、とりをかざるのがEさん。
このほうにかんしては、にゅーはーふなので、はっきりいって1にんだけさんこうにはならないかと。

関連記事

You Might Also Like