らいん であい けいじばん じゅくじょ だんす

ひっしゃ「もしや、らいんげいのうかいにはいるにあたってしゅぎょうせいかつをおくっているひとってさくらのあるばいとをしていることがおおくをしめるのでしょうか?」
E(ぼうげいにん)「そうだときいています。さくらのしごとって、しふとほかにくらべてじゆうだし、だんすわれわれみたいなであい、きゅうにおよびがかかるようなせいかつのひとにはもってこいなんですよ。よそくできないあきじかんにできるしじゅくじょ、きちょうなけいけんのひとつになるし…」
C(ぼうあーてぃすと)「かわったけいけんになるよね、おんなとしてやりとりをするのはくろうもするけどおれらはおとこめせんだからけいじばん、じぶんのたちばからかけられたいことばをむこうにつたえればいいわけだし、であいだんせいのきもちがわかるわけだから、じゅくじょおとこもかんたんにとびつくんですよね」
A(めんきゃばばたらき)「ぎゃくにいえるが、じょせいがさくらをやっていてもおとこのしんりがわかってないからほんとうのところをいうとへたっすよね」

らいん であい けいじばん じゅくじょ だんすをオススメする理由

ちょしゃ「じょせいのさくらよりらいん、だんせいさくらのほうがせいせきがうえなのですか?」
D(げいのうじむしょざいせき)「はい。すぐれたけっかをだしているのはだいたいだんせいです。けれどもであい、ぼくはおんなのやくをえんじるのがにがてなんで、いっつもめくじらをたてられてます…」
E(げいにんじむしょのいちいん)「ほんしつてきにけいじばん、うそつきがのしあがるのがこのせかいですからね…。おんなのこをえんじるのがたいへんで…おれもくせんしているんです」
ひっしゃ「じょせいになりきってやりつづけるのもじゅくじょ、そうとうたいへんなんですね…」

らいん であい けいじばん じゅくじょ だんすで活躍しそう

じょせいのじんかくのやりかたにかんしてのとーくでもりあがるかのじょら。
とちゅう、だんすあることばをかわきりに、あーてぃすとをなのるCさんにしせんがあつまったのです。

関連記事

You Might Also Like