おとこむりょうであい じゅくじょ せふれ ぼしゅう

「であいけいさいとをりようしていたらたいりょうにめーるがとどいた…なにかいけないことした?」と、じゅくじょびっくりしたことのあるひともかずおおくいらっしゃるのではないでしょうか。
ひっしゃもなんどかけいけんがあり、せふれそういっためいわくめーるがくるけーすのばあいぼしゅう、あかうんととうろくしたであいけいさいとが、おとこむりょうであいじどうでたきにわたっているかのうせいがあります。
このようにおしはかるのは、おおくのであいけいさいとでは、せふれしすてむでじどうてきに、ほかのさいとにのっているじょうほうをまとめてべつのさいとにもとうろくさせるからです。

多分、おとこむりょうであい じゅくじょ せふれ ぼしゅうの多さについて

いうまでもなく、これはりようしているひとのにーずではなく、おとこむりょうであいしらないあいだにかってにりゅうしゅつしてしまうぱたーんがほとんどでじゅくじょ、とうろくしたひとも、じゅくじょしらないうちになにかしょかからめいわくめーるが
それに、じどうでとうろくされているけーすのばあい、たいかいすればいいだろうとてをうつひとがおおいのですが、ぼしゅうさいとをやめたところでじょうきょうはよくなりません。
けっきょくのところ、おとこむりょうであいたいかいもできないまま、ほかさいとにじょうほうがながれっぱなしとなります。
あどれすをきょひりすとにとうろくしてもそれほどこうかてきではなく、せふれきょひされたものいがいのあどれすをつかってめーるをおくってくるだけなのです。

私が見たおとこむりょうであい じゅくじょ せふれ ぼしゅうはおとなしい

ひになんびゃくつうもあくしつなばあいはえんりょしないでつかっているめーるあどれすをちぇんじするいがいにないのでねっとのつかいかたにはちゅういしましょう。

関連記事

You Might Also Like