なごやかんれきじゅくじょでりへる むりょうぽいんとなしともだちさがし

ひっしゃ「では、それぞれであいけいさいとをつかってじょせいとあうようになったいきさつをじゅんじゅんにはなしてください。
めんばーをしょうかいすると、こうこうをちゅうたいしてからはごねんかんじたくけいびいんをつづけてきたというA、ちゅうかんぎょうしゃとしてせいかつひをかせごうとあがいているB、ちいさなげいのうぷろだくしょんでれっすんをつづけて、あくしょんはいゆうをしぼうしているC、であいけいさいとのすぺしゃりすとをとかたる、ぱーとのDなごやかんれきじゅくじょでりへる、ほかにも、しんじゅくにちょうめでみずしょうばいをしているE。
そろってはたちからごさいまでのわかいめんばーです。

人づてに聞いてみるとなごやかんれきじゅくじょでりへる むりょうぽいんとなしともだちさがしを深く考える

A(ふだんはじたくからでない)「おれはしごともなにもしてないんですけど、ねっとをしていたらすごくるっくすのいいこがいて、むこうからこんたくとがきて、しばらくしてあるさいとにゆーざーとうろくしたら、ちょくせつれんらくとるほうほうおしえるってことだったので、とうろくしましたね。そしたらそのこからめーるのへんじがこなくなったんです。けど、ほかにもなんにんかやりとりしたので」
B(せどりに)「つかいはじめはやっぱ、じぶんもめーるしたくて。すごいきれいなひとでどすとらいくだったんです。したしくなりたいとおもって、なごやかんれきじゅくじょでりへるあかうんとげっとしました。そのさいとにかんしては、さくらがおおいってひょうばんだったんですが、あえたこともあったので、あきたりせずにりようしています。
C(ぷろだくしょんでくんれんちゅう)「わたしについてですが、いろんなやくになりきれるようあかしゅとくしました。であいけいさいとからふかみにはまっていくやくをもらったんですが、いらいつかうようになりました」

なごやかんれきじゅくじょでりへる むりょうぽいんとなしともだちさがしを見てみよう!

D(てぃっしゅくばりのばいと)「ぼくにかんしてはむりょうぽいんとなしともだちさがし、ゆうじんではやくからつかっていたひとがいてむりょうぽいんとなしともだちさがし、かんかされてはじめたっていうかんじです」
わすれちゃいけない、さいごとなるEさん。
このほうにかんしては、おかまだったので、はっきりいって1にんだけあまりさんこうにはならないでしょう。

関連記事

You Might Also Like