しにあのせっくす けいじばん おとな

であいけいさいとのようなものはなくすことがひつようだとおもうひとのほうがひときわめだつはずなのですがであいのばとしてのさいとはねっとのせかいからなくなるどころかぞうしょくしているけいこうにあります。
こうしたことから、しにあのせっくすまだいんたーねっとのなかみのほんとうのきょうをしらないこどもたちは、へいきでであいけいさいとへとびこみ、まよいこんでそのままかずかずのひがいしゃになってしまうこともあるのです。
ねんれいにんしょうのきせいや、けいじばんりようのかくにんなどおとな、あらゆるせいやくがあったとしても、まだまだねっとのぎょうかいは、けいじばん「わかいしんにゅうしゃ」をゆるしてしまうじょうきょうをいじしたままです。

私が見たしにあのせっくす けいじばん おとなは本気だ

であいけいさいとというくうかんをねっとからきりすてるためにはまずこのおさないりようしゃたちをはっせいさせないことをじゅうようししなければなりません。
そうするためにはおとな、まずはであいけいそのものをりようさせないようにきょうかすることおとな、そういうしどうをしていくことがであいけいさいとをぼくめつすることにつながります。
だいたいにしてけいじばん、いんたーねっとのせかいのおそろしさについてをほごしゃがこどもにおしえていくことがつうじょうにならないかぎり、わかいせだいはであいけいさいとのうんえいしゃたちにだまされてじんせいをあやまることになってしまいます。
そのご、だまされているとはりかいできないおさないこどもがぞうかしてしまえば、なおであいけいぎょうしゃもそのあくしつなてぐちをりようしかくだいさせていくのです。

驚愕のしにあのせっくす けいじばん おとなのほんの気持ち

だまされるこどもたちをけさないかぎり、しにあのせっくすであいけいさいとがぼくめつすることはありません。

関連記事

You Might Also Like