かんぜんむりょうぎゃくえんじょ しものせき かみまち

であいけいをひんぱんにりようするというひとをかんたんにいうと、かみまちいつもこどくなにんげんで、あいてにたいしてはおろかじぶんにも、にんげんてきなつながりをもつというかちがないとおもいこんでしまうというさめたしてんでものをみています。
であいけいさいとをりようしているひとについては、そもそもれんあいというよりも、かんぜんむりょうぎゃくえんじょかていかんきょうがあまりよくなかったり、だれかとのゆうじんかんけいですらもいじすることができないようなひとがたいはんなのです。
そういうたいぷのひとは、べつのしてんからみると、おもしろみのないひとにみえ、べつにふあんもかんじていないようにおもわれてしまうことがおおいのですが、そうかんじるのはぶがいしゃだからなのです。

安心出来るかんぜんむりょうぎゃくえんじょ しものせき かみまちを使う男性の特徴

ひととひととのかんけいをおそれることしかせず、かぞくというかんけいでも、しものせきともだちになってかんけいをもつことも、おなじしごとをするひととのかんけいも、かみまちこいびとというあいだがらであっても、そもそもながくつづくものだとおもっておらず、かみまちそういうかこのおもいからいせいへのきょうみをおさえている、というようなおもいをもつひとがかなりのわりあいなのです。
そんなせいしつをもつひとにとっては、しものせきさいとのなかはきんちょうをせずともよいところです。
であいけいさいとのなかでのかんけいは、たいはんがながくつづくことがないのがけーすとしておおいからです。

かんぜんむりょうぎゃくえんじょ しものせき かみまちが去勢した

たいていのけーすにおいて、いちどだけのかんけいしかえられないことがおおいので、めんどうくさいことにはならず、かんぜんむりょうぎゃくえんじょもくてきがひとつだけたっせいできればそこからなにかをもとめることもありません。
であいけいさいとをりようするということにはまりこんでしまうひとはかんぜんむりょうぎゃくえんじょ、ふつうのにんげんかんけいをきずくことをほうきしているようなひとであり、かりにしんらいできるひとをみつけられれば、であいけいというしすてむからははなれていくひとがおおいのだそうです。

関連記事

You Might Also Like