とうろくなし であい ぽいんとせいげんであいけい

むりょうをうたうであいさいとをしようしているちゅうこうねんやわかものにといかけてみると、だいぶぶんのひとはぽいんとせいげんであいけい、こどくになりたくないから、わずかのあいだかんけいがきずければ、それでかまわないというかんがえかたでであいけいさいとのゆーざーになっています。
かんたんにいうと、であいきゃばくらにいくおかねをけちりたくて、ふうぞくにかけるおかねもはらいたくないから、であいりょうきんがひつようないであいけいさいとで、「のってきた」じょせいでおとくにすませよう、ととらえるちゅうねんおとこせいがであいけいさいとというせんたくしををえらんでいるのです。
それとははんたいにとうろくなし、おんなのこさいどはすこしべつのすたんすをつつみかくしています。

とうろくなし であい ぽいんとせいげんであいけいをスマートに断る方法

「じゅくねんだんせいでもいいから、おかねもちでかじをしてくれるひとをかれしにしたい。であいけいさいとをやっているおじさんは9わりがたもてないひとだから、びじんとはいえないじぶんでもおもいのままにできるようになるよね…ひょっとしたら、かっこいいひとがいるかも、でぶはむりだけど、かおしだいではあいたいな。じょせいの8わりいじょうはこのようにかんがえています。
つまるところ、じょせいはだんせいのようしのうつくしさかみついでくれることがめあてですしとうろくなし、だんせいは「やすいじょせい」をかちとるためにであいけいさいとをやくだてているのです。
いずれもとうろくなし、なるべくあんかにおかいものがしたくてであいをほしがっているようなものです。
そのようにして、であいけいさいとをてきようさせていくほどに、おとこたちはじょせいを「しょうひん」としてとらえるようにになりぽいんとせいげんであいけい、じょせいもじぶんじしんを「しなもの」としてあつかうようにへんようしてしまうのです。

春は出会いの季節!とうろくなし であい ぽいんとせいげんであいけいでの詐欺に注意

であいけいさいとになじんだひとのすたんすというのは、すこしずつおんなをにんげんから「ぶったい」にしていくるいのあぶのーまるな「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like