いえでしたいしゅふ せっくすぷれー

あたらしいであいがてにはいるばをつかっているひとたちにおはなしをうかがうと、ほぼぜんいんが、ただひとこいしいというりゆうで、わずかのあいだかんけいがきずければ、かまわないというきもちでであいけいさいとにとうろくしています。
いいかえると、きゃばくらにいくりょうきんをかけたくなくて、ふうぞくにかけるおかねもかけたくないから、おかねがひつようないであいけいさいとで、「つれた」じょせいでりーずなぶるにまにあわせよう、ととらえるだんせいがであいけいさいとにとうろくしているのです。
そんなだんせいがいるなか、「じょし」さいどはそういなすたんすをしています。

出会いが見つかるいえでしたいしゅふ せっくすぷれーが人気のヒミツ5

「すごくとしうえでもいいから、ふくもかってくれてりょうりがおいしいかれしがほしい。であいけいなんてやってるだんせいはもてないきみばかりだから、せっくすぷれーへいきんくらいのじょせいでもおもいのままにできるようになるかもしれない!おもいがけず、かっこいいひとにであえるかも、でぶはむりだけどいえでしたいしゅふ、いけめんだったらつきあいたいな。ほぼかくじつにじょせいはこのようにかんがえています。
つまるところ、じょせいはだんせいのみためかきんせんがもくてきですし、だんせいは「てごろなねだんのじょせい」をげっとするためにであいけいさいとをうんようしているのです。
りょうじんえいとも、せっくすぷれーできるだけおかねをかけずにおかいものがしたくてであいをかつぼうしているようなものです。

人生においてのいえでしたいしゅふ せっくすぷれーの真剣さ

さいしゅうてきに、であいけいさいとをてきようさせていくほどに、おじさんたちはおんなを「もの」としてみるようになり、おんなもじぶんじしんを「うりもの」としてみなすようにゆがんでいってしまいます。
であいけいさいとになじんだひとのあたまのなかというのはいえでしたいしゅふ、じょせいをかくじつにひとではなく「もの」にしていくるいのいじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like