LINE であいじょせい LINE ともだち えろ

であえるさいとをつかうひとたちにといかけてみるとLINE、おおよそのひとはLINE、ひとはだこいしくて、であいじょせいいっしゅんでもかんけいをもつことができればかまわないというきもちでであいけいさいとをしようしています。
かんけつにいうと、きゃばくらにいくおかねをつかうのがいやで、ふうぞくにかけるおかねもかけたくないからえろ、むりょうでつかえるであいけいさいとで、ともだち「つれた」じょせいでてごろなかかくでまにあわせようえろ、とおもいついたちゅうねんおとこせいがであいけいさいとというせんたくしををえらんでいるのです。
そのいっぽうで、じょせいじんえいではぜんぜんちがうかんがえかたをおしかくしています。
「あいてがとしうえすぎてもいいから、おかねもちでかじをしてくれるひとをかれしにしたい。であいけいさいとをやっているおじさんは9わりがたもてないひとだから、びじんじゃないじょせいでもてだまにとることができるようになるわよ!おもいがけず、LINEたいぷのひとにであえるかもであいじょせい、きもいひとはむりだけど、えろいけめんだったらつきあいたいな。だいたいのじょせいがこのようにかんがえています。

掲示板ではLINE であいじょせい LINE ともだち えろからの二言目

たんてきにいえば、じょせいはだんせいのみてくれかおかねがめあてですしともだち、だんせいは「おかねがかからないじょせい」をねらってであいけいさいとをはたらかせているのです。
にしゃとも、おかねをあまりかけずにおかいものがしたくてであいをおいかけているようなものです。
そんなかんじで、LINEであいけいさいとをしようしていくほどにLINE、おじさんたちはじょせいを「しなもの」としてみるようになりともだち、おんなもじぶんじしんを「しょうひん」としてあつかうようにかんがえかたがいびつになっていくのです。
であいけいさいとのりようしゃのしこうというのは、であいじょせいじょせいをすこしずつにんげんから「ぶったい」にしていくようなきょうきてきな「かんがえかた」なのです。

関連記事

You Might Also Like